テクノサービス

ホーム 会社概要 事業内容 保証  スタッフ お客様の声 お問い合わせ

ライン

外壁[お手入れ]  塗装[一部例]

漆喰塗装 建築塗料 カラーシミュレーション[最終ページにあります]
ライン
-大切な家を守り続けます-

塗装工事は、 常備品・完成品・価格相場が決まっているサービス品の購入とは異なり、
聞き慣れない材料や工法、場所ごとに異なる工事工程、業者によって違う価格など、
何が的確で何処が適正なのか?という基準が曖昧で理解しにくいものとなっていると思います。

そのため、そろそろ塗り替え時期かな?と思っても、
何処に頼めばいいだろう?どんな材料でどのような工事になるだろう?
価格はいくらくらいだろう?と多くの疑問が浮かぶと思います。
このような疑問に納得できないまま工事を依頼し、
後悔したというような例は少なくありません。

このような疑問に対して分かりやすくお答えするように心掛けています。

的確な塗装工事とは、

  ・的確な塗り替え時期
 ・要望を満たす適切な材料
 ・劣化状況や素材ごとに、適正なる工事工程を実施
 ・実質工事費用と会社が健全に運営存続できる適正価格で実行

によって、初めて実現できます。 

そして、業者同士が上記のような理念に基づいて正当な手段で競争し、
取捨選択されてこそ、業者自身の健全な成長もあり、
お客様も納得できる工事に出会うことができるのでしょう。

しかし、
 ・塗り替え時期ではないのに、不安を呼び起こすことによって塗り替えを進める営業方針
 ・安い材料を高級塗料だと偽る行為
 ・行われるべき、または行う予定の工程を抜く手抜き工事
 ・手抜き前提の安価な価格提示、材料や工事の質に伴わない法外な価格
 ・大幅に上乗せされた見積り価格から大幅に値引きすることによる、お得感の演出 

実際には、上記のようなモラルに反した行為が存在し、分かりにくい塗装工事に拍車をかけ、
本当にきちんと工事してくれるだろうか?という不安を抱かなければならないこともあります。
このような行為に直面して後悔している方も少なくありません。

最終的には、決定権者であるお客様自身が、塗装工事の知識を深めて
工事仕様・工事業者の決定時に取捨選択できる情報力を持つことこそが
非常に有効な手段ではないかと思います。

戻る
(トップメニュー)